こんにちわ!こんばんわ!女性営業マンとして日々奮闘しているなっちゃんです!

皆さん営業は足が命という言葉を聞いたことがあると思いますが、今はネット環境がかなり普及してきたのでICT導入してわざわざ相手先の会社に行かなくてもパソコン上でのやり取りを行う事が出来ます。

では営業で足が命ではないのかと言うとそうでもないんです、直接相手先の会社へ出向き交渉をした方が熱意を感じられるのもあると思います。

ではこの記事を見て頂ければ足で営業する事でのメリットとデメリットが分かるので一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

まず営業は足が命とは何か

今の時代はネットが普及していますが、普及する前は自分自身の足で取引先へ行くのでその事を言います。

後はずっと会社の中でデスクワークしてると運動不足にもなりますので足で営業しに行くのもいいと思います。

こんな動画があったので載せてしまいました(笑)

相手先の会社等へ行き直接交渉します

営業を自分自身の足で出向き、相手と交渉をしてアポを取り商談を成立させる事です。

商談を成立へ導くことが重要なので足で稼ぐことの重大さを「営業は足が命」と言っている訳なんです。

ただ今の現代では必ずしも営業は足が命ではないんです

ICT化が進んでいるのでパソコン上の作業で取引を行えるようになってきているので、営業は必ずしも足が命という訳ではなくなっています。

足で営業に行くことで相手に伝わる事

足で営業に行くことによって、パソコン上では伝わりにくかったりする情報も、細かく相手先へ伝えられる利点があります。

直接営業に行くことで相手側に熱意が伝わりやすいです

直接対面して言葉を交わすことで、パソコン上では伝えきれない熱意を伝える事ができます。

例えばパソコン上では「この会社の○○を導入するとコストが安く済むけど、性能は大丈夫かなぁ」、「信用して大丈夫かなぁ」などの心配が相手側にあると思いますが、直接会って熱意を持って良い商談をした方が良い結果につながる可能性がありますし、わざわざ足を運んで来てくれる事に、良い印象を持ってもらえる可能性があります。機械にはない人の暖かさが伝わります。

ただし事前に準備が必要です

準備とは相手に直接会って商談を行うにあたって、せっかく商談に直接行くので行き当たりばったりで行ってしまうと大失敗になる可能性があるので、どのような流れで話を進めていくのかを決めてから行きましょう。

そして熱意が伝わり誠意を持って、商談内容も良ければ商品導入に導く事ができて、良い関係を築ける可能性が上がります。

足で営業とICT化

足で営業は古臭いから今の時代には必要ないと思う人と、いややはり営業は、自分自身の足で稼ぎに行くべきと思う人と意見が分かれていたりもします。

コンピューターが突然の不具合が起きる場合があります

コンピューターが突然の不具合等を起こしてしまったりすると、取引がいきなり出来なくなってしまいパニック状態に陥る可能性があります。

そのコンピューターの不具合に対して対処が出来るようになっていれば問題はないのですが、対処ができていなければ大きな損害になってしまうかもしれません。

【不具合例】
・パソコン充電切れ
・Wi-Fiや電波がつながらない
・送信ミスや伝達ミス

ですが足で営業はそのような心配はいりません

コンピューターが不具合が起きても足で営業することでやっていれば、そのような心配無いです。

まあ病気などの不具合は人にはありますが、一斉に全社員が動けなくなると言う事はないですよね(笑)

運賃のコストについて

足で営業はどうしても色々な移動手段に対してのコストが掛かってしまいます。それについて見ていきましょう。

足で営業する事で運賃が必要になります

足で営業するにはバス代だったり、社用車で移動する際のガソリン代だったり、電車賃だったり、様々な移動手段で運賃が必要となりますよね。そこがデメリットなんです。

一方でICT導入している会社であれば移動する必要がなく、取引が全てパソコン上で出来てしまうので移動するコストは一切かかりません。

足で営業することで時間も掛かります

足で営業することで移動している時間も、場所により幅はありますが時間が掛かります。

一方でICT導入されている会社ですが、もちろん時間はかかりませんし更に言ってしまうと、1日の営業の中でこなせる件数も足で営業するよりもアップします。

足で営業とICT化コスト

足で営業をする事では発生しない、ICT化を会社に導入する事で必ず掛かってくるコストについて見て行きましょう。

ICT導入コストは高いんです

ICT導入をするなら足で営業する必要はないんじゃないか、と思うかもしれませんが、ICT導入をするにはかなりの高額な資金が必要になるのと、その相手先の会社もICT導入をしているのが必須条件となってくるんです。

足で営業はする必要がないと言う事にはならないんです

足で営業は古臭いと思うかもしれませんが、全てICT化が必ずしも良いとは限らないという事がわかると思います。

なので足で営業する事は必要ないと言う事ではないんです。相手先と直接会って熱意を持って商談を進めていくのも必要なんじゃないかと思います。

オンライン営業

最近ではオンライン営業と言われる言葉も出てきていますね!

ICT導入、オンライン営業、可視化で意外効果もという動画もありますのでご紹介させていただきます。

まとめ

  • 足で営業をして直接交渉をする事で、相手先に商談を行う際に熱意が伝わりやすいというメリットです。ただし商談を行う前に事前にどのような流れで話すか準備してから行きましょう。
  • ICT化が進むにつれてコンピューターの不具合などがあっても、足で営業することができれば関係がない事です。
  • 足で営業はどうしても運賃などのコストが掛かってきてしまうし、相手先の場所へ行く時間もかかります。

いかがでしたでしょうか?以上で営業は足が命についてのメリットとデメリットを話させて頂きました。

自分の感想としては、コンピューターばかりに頼る事はせずに、自身の足で相手先の会社に直接交渉を持ちかけることは大事なのではないかと思いました。この記事を最後まで見て頂き本当にありがとうございました。