こんにちは!こんばんは!女性営業マンとして日々奮闘している「なっちゃん」です!

毎日、楽しく仕事が出来たらどんなに人生が充実することか。

上司や同僚とのコミュニケーションがうまくいかなかったり、仕事に不満があると、そう思いますよね。

この記事では、立場は違えど私と同じく日々頑張っている営業アシスタントの方の「辞めたい」につながるお悩みにこたえていきます。

できるだけ普遍的な内容をピックアップしているので、近いお悩みを読んでみてください。

きっと共感できる部分があるはずです。悩んでいるのはあなただけではありませんよ。

営業アシスタントのお悩み別解消法

今の仕事を辞められたらそれでいい、というわけではありませんよね。辞めることができたら、もっといい人生になるんじゃないか、と思いますよね。

おそらくどんな理由であれ辞めたいという言葉の裏には、「こんなはずじゃなかった」という思いがあるのではないのでしょうか。

何かをはじめるのは勢いでできます。えいやー!で辞めることもそれほど難しくはありません。辞めることはいつでもできます。

辞める前に、営業アシスタントのみんなのストレスあるあるを見ながら一度自分のもやもやを見つめなおしてみましょう。今の場所でも、もっといい仕事ができるヒントがあるかもしれません。

CASE1:何のために働いているんだろう?

私はなんのために働いてるんだろうと思う。

営業アシスタントが人の尻拭いをする仕事だと言われたらしょうがないのかもしれないけど、私はこんな仕事をするために人生の貴重な時間を犠牲にしてる。

引用先:教えて!goo

営業アシスタントについて3~4年くらいたつと、仕事は頑張っているのに周囲から褒められる機会も減りますよね。

特に営業アシスタント職を選んで就業された方は、もともとは周りの役に立てることにやりがいを感じていた方が多いのではないでしょうか。

ですが数年たつと、新人のころとは違う不満や不安が生じてくることもあります。

自分のために働くために

現実理想に近づけましょう。自分の今の状態を目に見える形にします。 以下の5項目を振り返ってみてください。

  • モチベーション:仕事のやりがい
  • ビジョン:自分が目指す地位
  • ポテンシャル:自分の強みが活かせているか
  • プライベート:私生活
  • コミュニケーション:人間関係
理想の状態現在の状態
モチベーション★★★★★
ビジョン★★★★★
ポテンシャル★★★★★★★
プライベート★★★★
コミュニケーション★★★★★★★★

上記の例でいえば、「私は本当は地位はそこそこでも、人間関係のいい中でやりがいもって仕事したいんだな」というのがわかります。

また、現状プライベートの理想と現在のギャップが大きくなっていることも見て取れますね。

この場合なら、プライベートも充実させたいのに残業ばかり!という不満が営業のアシスタント業務そのものをマイナス(しりぬぐい)に見る気持ちにつながっているのかもしれません。

もちろん★印は人によってつけ方が違ってくるでしょう。

「今の職場で頑張ってみる」「転職する」いずれにしても、自分の「理想」と「現実」のギャップがわかれば自分の今取り組むべきことが見えてきます。

CASE2:先輩社員と合わない!

アシスタントの立場で仕事をしています。

同じくアシスタントで前からいる人がいますが、きつい性格で好き嫌いが激しくて、合わないんです。

引用先:教えて!goo

これもあるあるですよね。そして逃げ場がないんですよわかります。むしろ何かの用事で外出したいくらいです。先輩社員と合わない!これでは仕事に対する意欲は、どんどん落ちていくばかりですよね。

特に、仕事の悩みについてのアンケートで、常に上位に上がるのが人間関係と言われています。

視点を変えると見方も変わる

avatar
遅いっ!がみがみ。ぶつくさ。
avatar
なっちゃん
理解がないなあ!えらそー。ほんと最悪な先輩!

視点を変えれば悩みの7割は解決できます。

avatar
もう!仕方ないからやっといてあげたわよ。やっぱり私がいないと回らないわ!
avatar
なっちゃん
あ、もしかしてツンデレ?笑うとかわいいのにもったいないなあ。確かに仕事は早いんだよねー!

良い面・良い情報に半ば強制的にでも目を向けると、その意識は自分自身にも向くもの。人や物事に対する苦手意識が薄れたり、自分の中で変化が起きます。

CASE3:「できて当たり前」がプレッシャー!

先日アシスタントを取りまとめて行くようにと言われ、更にプレッシャーがかかっています。

5年も働いているんだから仕事は出来て当たり前と周りに思われているようで余計に辛いです。

引用先:教えて!goo

同じお悩みの方。ごめんなさい。営業マンも、おそらく上司も、きっと「できる人だから」と思って…というより、そんなこと考えるまでもなく当たり前のように依頼してしまうんです。

だって頼りになる人だから。営業マンも上司もそんなプレッシャーに感じていると知らないだけかもしれないので、一度上司に相談してください。

もし、営業マンや上司の問題ではなく自分の問題に感じている場合はどうでしょうか。

つい仕事を抱え込んでしまい、残業しても予定通りにタスクを消化できない。自分の方を見直す場合は、スケジュール管理がうまくいっていないのかもしれません。

1人で抱え込むのをやめる

1人で抱え込むのをやめて「助けてもらう」方法を考えます。気持ちよく引き受けてもらえる頼み方4つのポイントをご紹介します。

  1. 「あなただから頼みたい」という理由を明確に伝える
  2. 内容を簡潔に説明する
  3. 上司の了解をとっていることを伝える
  4. 相手の都合を優先する

この前の資料が素晴らしくて…。ぜひ○○さんに提案書を4つ作ってほしいんです。課長にも相談して了解もらってるんだけど。

(了解です!)

ありがとう!今の状況でできそうかな?今週中にほしいんだけど。

このように伝えると、引き受ける側も気持ちよく仕事をすることができますね。

CASE4:営業マンに受け入れてもらえない!

営業アシスタントという契約なのですが、

その営業の人に受け入れてもらえてません。

何か頼まれごとをして、その件について、聞き返すと、

何でも否定したり、ちょっと下言葉尻の揚げ足を

取ったりします。

引用元:教えて!goo

こういう営業マンは困りますよね。困ると思います。もし皆さんも、オフィスでの営業マンとの人間関係でもやもやしたものを感じていたらお礼の言葉を意識してみてください。

お礼の言葉は「ありがとうございます」

本来は営業アシスタントと営業マンは対等でありパートナーやチームの関係のはずです。

しかし「すみません」がたまっていくと精神的な上下関係が出来上がります。「精神的な上下関係」がどういうものか想像がつくと思います。

営業マンに何かをしてもらった時のお礼の言葉は「ありがとうございます」です。

言葉の力を味方につけましょう。「すみません」はお礼の言葉として間違っているわけではなく、相手の立場を思う【謙虚な言葉】ですが多様は禁物です。

CASE5:ミスが多い!

事務といっても私の会社の事務は営業アシスタントと言ってもいいくらいの仕事内容をしています。

転職すべきか迷っている理由は、

先月と今月とで2回大きなミスをしてしまったからです。

引用先:教えて!goo

ミスはつらいですよね。私も入社数年目のころ「ミスは去年より減りました!」と言ったら「ミスはゼロが当たり前です!そんなこと言ってるから無くならないんです!」と怒られたことがあります。

新人営業アシスタントだけに多いお悩みかと思ったら、 ところが意外とそうでもないようです。

同じミスを繰り返さない

ミスは誰にでも起こりうることです。それは周りの人もわかっているはずです。大事なのは凹むよりも「謝る」ことと「同じミスを繰り返さない」ことです。

ありがちですが、動揺してミスを立て続けに起こす前に、対策を立てて気持ちを立て直しましょう。

【まず謝罪する】

avatar
なっちゃん
まことに申し訳ありませんでした

【責任逃れをしない】

avatar
なっちゃん
私の不手際で、ご迷惑をおかけしました

【速やかに指示に従う】

avatar
なっちゃん
承知しました

その後、反省をもとにしたミスを未然に防ぐ仕事の進め方を考えてみましょう。

そして他の人がミスをしたら今度は自分が助ける側に回ってください。あなたの周りにどんどん味方が増えていきますよ。

心が軽くなる?アドバイス

無茶ぶりに応えてしまう人へ

無茶ぶりされても応えてしまうのは「嫌われたくない」という思いが根底にある可能性もあります。

もし上司からの評価が下がった場合「自分はもう必要のない人間なんだ」とショックを受けることもあるでしょう。注意が必要です。

ワンポイントアドバイス

必要とされることを求めすぎない

苦手なタイプがいる人へ

営業アシスタントを続けていると、苦手なタイプの人と接する機会があるのは避けられません。ではどうすればいいのでしょうか?

まずは相手を理解する努力をしてみましょう。

でも努力して理解しようとしてもやっぱり嫌だ、と思ったら、無理に克服する必要はありません。一定の距離を取って付き合うことは決して悪いことではないです。

しかし!仕事への影響は出さないようにしましょう。苦手だからと情報を伝えなかったり、明らかに不機嫌さを出していては営業アシスタント失格です。

ワンポイントアドバイス

誰にだって苦手な人はいる

他の営業アシスタントをまとめる立場の人へ

営業アシスタントとしてある程度の経験を積むと、新人の教育係やチームのリーダーを任されるようになりますね。プレッシャーを強く感じる人は、自分で勝手にリーダー像を作り上げていませんか。

「自分がみんなを引っ張らないと」と考えるときついかもしれませんが、チームの目標はあくまでミッションを達成すること。

全員が気持ちよく仕事に取り組めるように支援するのも立派なリーダーの役割なのです。

ワンポイントアドバイス

チームで課題を達成出来たらいい

怒られるとイライラする人へ

仕事でミスをしない人などいませんが「自分は悪くないのに怒られた」「厳しく当たられた」ことはありませんか。

前述の「CASE4」で営業マンに受け入れてもらえない、何でも否定されると悩んでおられた方は、前向きに建設的に解決する方法を尋ねられていました。

ですが中には、怒られるとイライラしがちな方もいます。その傾向を持つ方は、自分を守るために反論や言い訳に向いてしまう「パッシブ・アグレッシブタイプ」かもしれません。

落ち着いて、お互いにとって大事なことを確認しましょう。

ワンポイントアドバイス

穏やかに自分の主張をする

ネガティブだと思う人へ

何度も言いますが、仕事がうまくいかなかったりミスをしてしまうことは誰にだってあります。ですが疲れがたまってエネルギーがない時は、心のバランスを崩してしまう危険性が高いです。

対応策としては「ポジティブな自己点検」を習慣にすることです。自分ができることや得意なことに目を向けてみましょう。これを習慣づけて続ければ、自然と自信がつきます。

自分をほめることが上手になるでしょう。

ワンポイントアドバイス

悪い面ばかりを見ない

他の事務職へ転職するなら

営業アシスタントの年収

全世代平均321万円

最高:1200万円/最低:150万円

※全1465件の投稿から算出

引用先:転職会議

いかがでしょうか。これを見て「明日からでも転職活動はじめてやる!」と決意を新たにしたでしょうか。それとも「もう少し今のところで頑張ってみようか」と思ったでしょうか。

皆さんもある程度は今の職場に慣れているはずです。転職で「一から覚えないといけなくて大変」「でも年収も減った」となってしまっては残念ですよね。

「どこに向かいたいのか」を考える材料として、年収もチェックしておきましょう。

他の事務職の全世代平均年収

  • 一般事務の年収:319万円
  • 受付の年収:278万円
  • 秘書の年収:365万円
  • カスタマーサポートの年収:311万円
  • 貿易・国際業務の年収:374万円
  • 物流・購買・資材調達の年収:448万円

年収も下げたくなく、事務職がいい場合は、転職先として「同じ営業アシスタントとして今よりも給与がいい会社」がまず一つあります。

他の事務職であれば秘書貿易・国際業務物流・購買・資材調達の職種であれば給与アップを目指せるといえるでしょう。

貿易事務とは

材料や素材、商品などの輸出入に関わる業務です。貿易事務に転職をされた方は、もともと貿易事務に就業されていた方に次いで営業アシスタントからの転職が多いようです。

ただ海外とのやりとりでは英語を使うことが多いため、英文メールや電話応対などの場面で、英語力が求められる仕事です。

物流・購買・資材調達とは

企業によっては取引先と価格を決定し注文書を発行するまでの業務を行う契約担当、

発行された注文書に従って取引先の生産工程や生産状況を把握して納期までに入手する調達担当、

入手した原材料を検収し入庫処理を行い在庫管理をする材料管理担当に分かれている場合があります。

不満だらけの「今」にさよならする

自分の「強み」を見つける

仕事において「できること」は、その人の【強み】になります。【強み】があれば、転職するにも有利になるのは間違いありません。

しかし「私ができることなんて強みにならない」と思っている人が多いものです。

取引先のリサーチ×調べ物は苦手
報告書まとめ文章を書くのは得意
営業の同行勉強になる!
サンプル発送×梱包が下手
資料の印刷もくもく作業は苦じゃない

上記のように、仕事内容の好き嫌いを正直に書き出してみましょう。自分が「○」をつけたところは他のメンバーから見てもありがたい「強み」でしょう。

そして自分が【強み】だと思っていて、好きな理由が多く上がる仕事は自分をわくわくさせてくれます。

「わくわくしながら生きる」ということは「自分らしく生きるということ」です。「やりたいこと、好きなことを仕事にしたい」ときはもちろん、仕事への不満や悩みがあるときも、書き出してみましょう。

すると自分の中により多くのわくわくが沸き上がり、自信も取り戻しやすいはずです。

周りの人を大切にする

残念ながら、人生には不可抗力的な出来事が付きまといます。思い通りにいかないときもあるでしょうが、腐ってしまうと前にも後ろにも進めません。

投げやりにならずに以下のことを試してみていください。

今日からできる心がけ

・コミュニケーションの基本、挨拶と感謝を忘れない
・win-winの関係の精神を持ち合わせる
・相手も自分も尊重する

今のところで頑張るにしても、辞める決断をしたにしても、今一緒に働いている周りの人を大事にしてみましょう。誰かが手を差し伸べていたりなど、思いがけない新たな道が開けることもあります。

まとめ

【営業アシスタントにありがちなお悩みとその解消法】をお伝えしてきましたが、いかがでしょうか。

皆、いっぱい悩みながら頑張っていますね。

今のところで頑張っていきたいのか、転職したいのか、どうしたいのかがわからないなら、幸福度が高そうなほうを選んでみてください。

「楽(ラク)」ではなく「楽(たのしい)」と思える道を選ぶことが、自分を大事にするということではないでしょうか。

ありがとうございました。