こんにちは!こんばんは!女性営業マンとして日々奮闘している「なっちゃん」です!

名刺交換の機会が多く、名刺管理をする事に疲れてしまった経験はありませんか?

私も少し名刺の整理を怠ると、ゴチャゴチャになってしまいました・・・・・・。
そんな、名刺の整理をシンプルにして名刺整理におけるイライラにサヨナラする事に成功しました!

今回は100均のケースで大量の名刺を簡単整理する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

100均ケースで名刺を簡単に整理する2つのコツ

コツはたったの2つ

  • 職業別に整理
  • 使用頻度に応じて整理

1、職業別に整理する

【方法】

  1. 「不動産」「医療関係」「営業」などの大まかな職業別に分ける
  2. ケースの全面にタグをつける

需要ポイントは、あまり厳しく分類しすぎないことです。

後々、名刺を探すときに見つけにくくなってしまいます。名前ごとに分けてしまうと思い出すのが大変です。

しかし、職業別なら簡単に思い出すことができます!

2、使用頻度に応じて整理する

【方法】

  1. 現在、連絡を取っている名刺とそうでないものに分ける
  2. 使用頻度順に並べ替える

こうして明確化することによって、必要な名刺をすぐに見つけることが出来ます。
また、使用頻度が高い重要な名刺だけを残せますよね。

そうすると、名刺の数が増えるのを防ぐことができます。

2つを組み合わせて整理する

私はこの2つを組み合わせて整理しています。

【方法】

  1. 使用頻度が高いものと低いものを二つに分ける
  2. 使用頻度が高いものと低いものの中で職業別に分ける

こうすることで名刺の管理を簡単にすることができます。

それと同時に、不必要な名刺を見つけ出せちゃうんです! 不必要な名刺は定期的に整理しましょう。

名刺の管理する総数は減るのでより管理をしやすくなりますよ。

▼ 関連記事もあわせてどうぞ!

営業活動にうまく活用して成績を上げる|上手な名刺のファイル整理

おすすめのケース

ここからは、100均で購入できるおすすめケースを紹介します。

私はこちらの条件をもとに選んでいます。

名刺ケースを選ぶ4つの条件

  1. 簡単にスペースを変えられる
  2. 上下に重ねられる
  3. 出し入れが簡単
  4. 安い

条件を満たしているケース例

その条件にすべて当てはまっているのが、こちらの「ウェーブケース」というものなんです!

引用先:みんカラ

実際に使っている物の画像です。

名刺整理ケースには2種類ある!

なぜ、この商品がいいかということを説明します。

まず、名刺ケースにはこちらの2パターンがありますよね。

名刺整理ケース2種類

  1. ファイルのタイプ
  2. ボックスのタイプ

そして、双方の欠点・利点を見てみましょう。

種類① ファイルタイプの利点・欠点

パッと見て分かりやすいのがこちらです。

しかし、整理をするときに一つずつ差し替えなければなりません。そんな労力を考えて、私はボックスタイプを使用しています。

名刺が少量かつ、見やすいものがいい!という方にはこちらがおすすめです。

【おすすめ商品】

100均でも売っています。

しかし、行くのがめんどうな人や多忙な方もいらっしゃいますよね。
そんなひとにはこちらの商品がオススメです!

こちら↓の楽天につながるリンクから、チェックしてみてくださいね。

種類② ボックスタイプの利点・欠点

こちらは大量の名刺を整理する人におすすめです。

少ないスペースにも、大きいスペースにも自由自在に変えられます!
なんと言っても、ボックスタイプはこれが最大の利点ですよね。

【整理スペースを増やす方法】

  1. 上にドンドン重ねて行ってタワーのようにする
  2. ケースの前面に分類のタグを付けておく
  3. 繰り返し

このように、すぐに名刺をいれる事が出来ます。ファイルタイプのように差し替えの労力はかかりません!

名刺を探す際も簡単に探すことができます。

さらに、それが100均で手に入るなんて、最高ですよね!

【おすすめ商品】

100均でも売っています。

しかし、行くのがめんどうな人や多忙な方もいらっしゃいますよね。
そんなひとにはこちらの商品がオススメです!

こちら↓の楽天につながるリンクから、チェックしてみてくださいね。

まとめ

今回は100均のケースを使った簡単な名刺の整理法を紹介してきました。

今回の整理法はいかがでしたでしょうか?

もう一度、確認してみましょう。

  1. 使用頻度が高いものと低いものを二つに分ける
  2. 使用頻度が高いものと低いものの中で職業別に分ける

簡単なので、この方法を試してみてくださいね。